ワンのブログ

BLOG

結婚式のまめ知識や、
情報がいっぱいのブログです

初めての方はこちら

お嫁さんの心得シリーズ 手紙のマナー 季節を感じさせてくれる時候の挨拶

カテゴリ:マナー
投稿日時:

otegami

手紙の書き出しと結びは、手紙の種類や出す相手によって変わる

いちばん一般的なのは「拝啓」で始まり、「敬具」で終わらせる書き方ですね。

急ぎの場合には「急啓」と書き、結語を「早々」に、丁寧は手紙では頭語を「謹啓」、結語を「謹言」とします。前文を省略する「前略」は目上の人には失礼にあたるので使ってはいけません。女性だけが書ける表現で「一筆申し上げます」というものもあります。

【頭語】

一般的な手紙
拝啓・啓上・一筆申し上げます
丁寧な手紙
謹啓・恭啓・謹んで申し上げます
急用の手紙
急啓・急呈・取り急ぎ申し上げます
前文省略
前略・冠略・前略ごめんください(※いずれも目上には使わない)
返信
拝復・復啓・お手紙拝見しました

【結語】

一般的な手紙
敬具・拝具・かしこ・ごめんください
丁寧な手紙
謹言・敬白・かしこ
急用の手紙
草々・不尽・不一・かしこ
前文省略
草々・不尽・不一・かしこ
返信
敬具・拝具・かしこ

時候の挨拶例

1月
新春の喜び/寒気厳しき折柄/例年にない寒さ/寒気ことのほか厳しく/水道のじゃ口も凍る寒さ
2月
三寒四温と言われる季節/梅のつぼみもそろそろ膨らみ/春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く冬の名残りがなかなか去らず
3月
早春の候/一雨ごとの暖かさ/春寒しだいに緩み/春というのに寒い毎日が続きます
4月
春暖の候/うららかな好季節を迎え/春も深くなり/陽春の候/花便りも伝わる今日このごろ/春陽麗和の好季節
5月
新緑の候/新緑の野山に萌える今日この頃/五月晴れ/新緑の色増す季節/風薫るこのごろ
6月
梅雨の候/長かった梅雨もようやくあがり/時候不順の折/初夏の風に肌も汗ばむ頃
7月
盛夏の候/日々暑さ厳しき折から/近年にない暑さが続き/海山の恋しい季節
8月
残暑の候/立秋とは名ばかりの暑さ続き/まだまだ暑い日が続いておりますが/残暑なお厳しい折柄
9月
初秋の候/虫の音美しい季節となりました/野山もにわかに秋色をおび/秋の気配が次第に濃くなって
10月
さわやかな秋晴れの続く/天高く馬肥ゆるの候/夜長の頃となり/実りの秋となり
11月
菊薫る今日このごろ/小春日和の今日此頃/朝夕一際冷え込むころ/吐く息も白くなり
12月
初冬の候/寒気いよいよ厳しく/あわただしい師走となり/寒気いよいよ厳しく

ご紹介したのはごくごく一部です。最初は上の例文を活用し、慣れてきたら自分らしい言葉を使って表現してみましょう!!