ワンのブログ

BLOG

結婚式のまめ知識や、
情報がいっぱいのブログです

初めての方はこちら

ここさえ押さえればOK!結婚内祝いの基礎知識 その1

カテゴリ:贈り物
投稿日時:

utiiwai1

結婚すると、知り合いや親戚、友人から次々とお祝が届きます

お返しする際は「結婚内祝い」です。

今回は結婚内祝いの疑問や基礎知識をご紹介します。いつ誰にどんなものを贈ればいいのか?悩んでいる人は多いはずです。準備の手順ものせていますのでチェックして下さいね!

実は私も結婚するまで、全く知りませんでした。慌ててネットや雑誌で情報収集をしたことを覚えています。百貨店に出向きプロの方にもアドバイスしていただきました。その時の経験も載せていきたいと思います。

結婚内祝いって何をするもの?

結婚内祝いとは結婚のお祝いを下さった方々へのお返しです。そもそも内祝いとは結婚に限らず、出産など自分の家におめでたい事があった時に記念として、親しい間柄の人同士で贈り物をすることです。内祝いは昔は近所の人にも配られていましたが、今は頂いた方へお返しを贈る意味に変わってきました。

誰に贈るもの?

贈る相手は「お祝いを下さったけど披露宴には出席されなかった人」です。結婚祝いを下さった方の中で披露宴に招待できなかったもしくは出席しなかった場合がその対象になります。披露宴の出席者にはその場で引き出物を手渡しますし、披露宴でもてなすことでお返しに変えることができます。逆にそれ以上に贈り物を贈ることは必要以上にしすぎになりますので注意してください。

どんな品物を選べばいいの?

定番は個性的ではないシンプルな食器やいくつあっても嬉しいタオルが毎年定番です。贈る品物は引き出物に似ています。寝具やブランド牛やカニ・ご当地名産物の詰め合わせなどの高級グルメ、有名店のスイーツ、また旅行ギフト券などバリエーションは多様です。ビールやワイン、ジュースのギフトなども人気があります。贈る相手の年齢や好み、家族構成などに合わせてギフト選びをすることがコツです。

私はとてもシンプルですが、「全国共通商品券」と「プチ菓子詰め合わせ」で揃えました。年齢層がバラバラだったので無難な路線を選びました。

お返しの品の相場は?

地域によって差があったり、ルールが違いますので必ず両家の親に相談してみましょう。基本的には頂いたお祝いの半額程度の品物を贈ることが多くあります。ただし、10万円などの高額な場合は3分の1~半分が目安です。もともと喜びのおすそわけから始まっている習慣ですので、いただいたままで放っておいてはいけません。