ワンのブログ

BLOG

結婚式のまめ知識や、
情報がいっぱいのブログです

初めての方はこちら

ここさえ押さえればOK!結婚内祝いの基礎知識 その3

カテゴリ:贈り物
投稿日時:

utiiwai3

結婚すると、知り合いや親戚、友人から次々とお祝が届きます

お返しする際は「結婚内祝い」です。

今回でこのシリーズは完結です。その1、その2をお読みでない方は是非チェックして下さいね!

内祝いを宅急便で送ろうと思ったけど、「お礼状」をつけなきゃダメと知って不安。書くのが苦手なんです。。。
お礼状を書くのが苦手な方は多いです。ネット上には内祝いの際の御礼の言葉の文例集も沢山ありますし、メッセージカード程度のものでもOKです。内祝いの品物だけを贈るのではなく、御礼の言葉を添えた方が丁寧であるという考え方からきています。
まだ挙式の半年前ですが、遠方の親せきからご祝儀をいただきました。いつお返しをすればいいのでしょうか?
本来は挙式後に「内祝」としてお返しをすれば問題ありませんが、期間が半年前ということもり、どうしても早くお返ししたい場合には、いただいた1週間~2週間後以内に紅白の結びきりののしに「御礼」の表書きをしてお返しをしましょう。「内祝」の表書きをのしを書けるのは挙式後です。
年配の方にどんなものを贈ればいいのか悩んでいます。高齢の一人暮らしの人の好みがわかりません。
高齢の方には食器や旅行ギフト、タオルの詰め合わせやお酒のセットなどは贈らない方がいいでしょう。「好まれるのは気軽に食べられるもの」です。特に「日持ち」を重視し「食べきれる量」を包んでもらいましょう。有名な料理店の瓶詰やお吸い物などの総菜、高級和菓子などが一人暮らしの方にとって一番ベストな選択肢と言えるでしょう。
結婚を機に退職したのですが、最終出社日に結婚式に呼ぶ予定がない社員から高額な金額の商品券をいただいてしまいました。お返しの方法がわかりません。
結婚式が先の場合には紅白の結びきりに「御礼」と表書きをしてもらい、いただいた金額の半額相当の品物を1週間~10日後までに贈りましょう。ただし、すでに挙式の3か月前になっている場合には挙式後に「内祝」で表書きをしてもらい、他の人と同じように贈りましょう。
一人一人の好みに合わせて品物を選びたいけど、職場の人にお返しをする場合には品物の大きさを揃えた方がいいとアドバイスされましたが本当ですか?
はい本当です!お祝いの品物でそんな風に感じてはいけないのですが、自分よりも他の人が大きいものを貰っている場合あまり気分良く感じてくれない人もいます。ここは同じくらいの大きさに揃えることで、もらったものに差がないと考えてもらえます。また、職場から持ち帰ってもらうものですので、重くないものを選んだほうがベターです。

いかがでしたか?参考になれば幸いです(*^_^*)/p>