ワンのブログ

BLOG

結婚式のまめ知識や、
情報がいっぱいのブログです

初めての方はこちら

ここだけ押さえておけばOK!結婚内祝いの準備スケジュール 前編

カテゴリ:贈り物
投稿日時:

utiiwai7

結婚式までにやらないといけないことは沢山あります

そんな中で結婚内祝いを挙式後に知り、大慌てで対応したという先輩カップルは数多く存在します。急ぐと贈り方のマナーを間違えたり、相手に合った品物選びも出来なくなり満足のいかない結果になってしまいます。

そうならない為にもコツを押さえて結婚内祝いの準備やスケジュールを組んでおけば、簡単に進めることができます。今回は結婚内祝いのスケジュールを見ていきましょう。

挙式の4~6か月前

この頃は衣装小物決め、エステ、ヘアメイクの調整、二次会の準備、ペーパーアイテムの製作などなど様々な打ち合わせで外出する機会が増える頃です。そんな時についでにデパートなどに立ち寄ったり、移動中スマホで検索したり、早くから結婚内祝いに関する細かい情報のアンテナを立てておきましょう。時間があれば親や結婚した友人に相談してみる方法もあります。

挙式2~4か月前

この頃になると結婚式準備も大詰めです。披露宴での料理や引出物、引菓子をカタログから選んだり、招待状の発送や写真の別撮り、結婚指輪の購入などがあります。引出物と内祝いはとても似ている部分がありますので内祝いの事も視野に入れながら見ておくといいでしょう。結婚祝いをいただきはじめるのは挙式前の1か月あたりからです。そろそろ心構えをしておいてくださいね。

挙式1~2か月前

さあ、あとは結婚式を待つだけです。各種最終打ち合わせに入り、ゲスト関連の手配も抜かりなく行います。この頃から結婚のお祝いをいただきはじめます。

受け取ったらまず電話!

どんなに忙しくても、結婚のお祝いを受け取って、中身を確認したらすぐにお礼の電話をしましょう。いただいた品物に関する感想を具体的に伝えることで相手の喜びも増します。直接話すと気持ちが伝わりやすいものです。メールは失礼に感じる人もいますので、避けた方が無難でしょう。誰から頂いたかは自分たちだけでなく、親にも把握してもらっておきましょう。

いただいたお祝い品の金額を調べる!

お礼の電話の前後でいただいた品の値段をインターネットなどを利用して調べましょう。一見失礼な行為のように思いますが、実は大変重要なことです。結婚内祝いとはいただいた金額の半額相当をお返しするものです。それより低すぎても、高すぎてもあまり良くないかもしれません。お返しする金額の目安を把握する為の方法の1つです。どうしてもわからない場合は類似品の値段を参考にしましょう。