ワンのブログ

BLOG

結婚式のまめ知識や、
情報がいっぱいのブログです

初めての方はこちら

結婚前後の諸手続きと届け出~出し忘れに注意!~その1

カテゴリ:結婚の準備
投稿日時:

kon

結婚式の準備と並行して行わなければならないのがさまざまな手続きです。
私の場合はリスト化せずにそのつどやっていたので、うっかりミスが沢山あってあとで困りました。
そうならないためにも、新生活の為に必要な手続きは、かならずリストにして効率よく行いましょう。
この記事をプリントして是非活用して下さいね(*^▼^*)b

婚姻届

婚姻届は、どちらかの結婚前の本籍地、もしくは新居のある市区町村の役所へ提出するのが一般的です。
私の場合は本籍が、姫路市(旦那)佐用町(私)だったので、戸籍謄本の取り寄せが必要でとても時間がかかりました。
予定している日に迫る前に必要なものは何か調べて用意しておきましょう。

婚姻届を出す手順

最寄りの役所で用紙をもらう
用紙は全国共通です。予備を含めて2~3通もらいましょう。
この時に必要なものなど質問しておきましょう。
私達夫婦は1通記念に残すために余分にもらいました。
戸籍謄(抄)本
結婚前の本籍地とは違う役所に婚姻届を提出する場合に必要です。
どちらの本籍地でもない場所で提出する場合は2人とも1通ずつ必要です。
[私の例]姫路市が本籍の人の中に結婚して入る場合、佐用町が本籍の私は謄本が1通いる。
用紙に必要事項を記入する
丁寧な字で書きましょう。書き間違えた場合は修正液を絶対使ってはいけません。
(二本線で消して訂正印をおします。)
20歳以上の証人2人の署名と押印が必要です。
証人は両親や兄弟、友人でも大丈夫ですよ(●^o^●)
夫婦や兄弟の場合は種類の違う印鑑を用意して下さいね。
提出
窓口で不備を指摘された場合に訂正印をしなければなりませんので、当日は必ず互いの印鑑を持参しましょう。
本人が確認できる運転免許証やパスポートなどの身分証明書の提示も求められる場合がありますので、すぐに出せるようにしておきましょう。

婚姻届は365日24時間体制で受け付けています。(出張所は除く)ただし、注意したいのが休日や夜間に提出した場合、記載ミスがあると後日訂正に行かなければなりませんので入籍日がずれてしまうことがあります。誤りがなければ提出した日が入籍した日になります。
代理人や郵送による届け出も可能ですがこれも同じことで、訂正があれば後日行かなければなりません。
未成年の婚姻の場合は親の同意書が必要です。

会社関係の手続き

会社の上司には挙式の3~4か月前までに口頭で結婚の報告をしましょう。
仕事を続けるのか退職するのかなどの旨もその時に伝えます。

年金

<退職して夫の扶養家族になる場合>
夫が会社員や公務員の人は、国民年金第3号被保険者になる届け出を夫の会社にする必要があります。
夫が自営業の人は、新住所の役所で手続きをして夫の国民年金に加入します。
<退職しない場合>
結婚届けを提出すると会社が名義変更などの手続きを行ってくれます。

結婚届

結婚後も現在の会社で仕事を続ける人は、入籍したらすぐに担当部署に連絡を取り提出しましょう。

休暇届

ハネムーンの為に長期休暇を取りたい人や退職前に有給休暇を消化したい人は、休暇の3か月前には直属の上司に提出しましょう。日が迫って来てからの提出は大変迷惑をかけてしまいます。

健康保険

<退職して夫の扶養家族になる場合>
夫が会社員や公務員の人は、夫の会社に届け出をして会社の健康保険に加入します。夫が自営業の人は、新住所の役所で手続きをして夫の国民健康保険に加入します。
<退職しない場合>
退職を希望する人は必ず退職3ヵ月前には直属の上司に提出しましょう。所定の用紙がない場合は、白い便せんに自筆で書きます。

tai-1

まだまだありますよー!!次回に続きます!!(@^^)/~~~