ワンのブログ

BLOG

結婚式のまめ知識や、
情報がいっぱいのブログです

初めての方はこちら

受付係の心得 応対は大事にしよう!

カテゴリ:受付
投稿日時:

pen

結婚式でまず最初にゲストが顔を合わせるのが「受付係」です

それだけにこの役には重要な役割があります。

受付係に向いているのは人当たりが良くて、爽やかな印象を与えてくれる人です。応対する年代層もさまざまですので、タメ口は御法度です。ゲストの中にそんな人はいないかと思いますが、受付係はご祝儀や会費を預かることもありますので、信頼できる人を選びましょう。

ゲストの出迎え役として

受付係を依頼されたらその信頼にこたえるためにもしっかりと事前準備をしましょう。受付係は新郎新婦どちらの側からも1名~2名たてるのが一般的です。男女での組み合わせが理想ですね。

パーティーの内容や受付としての仕事内容も事前に把握しておきましょう。当日は受け付け開始の30分前には必ず会場入りし、スムーズに行えるようにします。先に新郎新婦やご両家の家族に挨拶をしましょう。余裕を持って来ることで会場の下見もできます。ゲストに道案内を頼まれたり、お手洗いの場所を聞かれたりすることも少なくありませんので確認を。できれば更衣室、控室、クロークの場所も覚えると困らずに済むかもしれません。大体は式場のスタッフが丁寧に案内してくれますし、受付もサポートしてもらえるところもあります。

その後ゲストの名簿と席次表をチェックしておきます。受け取ったご祝儀を最終的に誰に渡すのかも確認を。芳名帳・筆記用具・・ご祝儀を受け取るお盆・収納する袋は揃っているかも確認します。

全ての準備が整ったらあとは最高の笑顔でゲストを迎えて下さい。

ゲストとの接し方

受付スタッフを見ていてよくある光景は、自分の友人が来たときにずいぶんとおしゃべりに花が咲いている状態です。これでは記帳を待っている人に大変迷惑です。誰に対しても同じ応対をこころがけてください。

ゲストへの応対例

  1. 出席のお礼を述べる
  2. ゲストの姿が見えたらすぐに立ち上がりましょう。受付の前までこられたら「本日はご出席ありがとうございます」と一礼して下さい。

  3. 記帳をお願いする
  4. 芳名帳を手で指しながら(※指は駄目ですよ!)「恐れ入りますがこちらに御記帳をお願い致します」と促して下さい。

  5. ご祝儀を受け取る
  6. ご祝儀をゲストから差し出されたら両手で受け取りましょう。「ありがとうございます。お預かりいたします」とお礼を述べてください。

  7. 席次表を渡す
  8. 席次表を両手で差し出し、「本日のお席でございます」と一言添え手渡ししましょう。

受付の心得

主催者側としての立場を理解する
受付として参加するあなたは、一時的でも主催者側です。ゲストをもてなすという意識を持ちましょう。友達とはしゃいだり長話などもいけません。服装はパーティーに合わせたドレスコードを守りましょう。
席を離れない
受け付けが始まった限りはその場を離れてはいけません。お手洗いに行きたいときなどやむを得ない場合は必ずほかの受付係に断ってから離れ、なるべく早く戻ってきましょう。
臨機応変な対応を
受付係は本来案内をする必要はありませんが、高齢の方などのサポートをする際には「お席は入口を入って右手の奥でございます」という風に説明を添える方が親切です。