ワンのブログ

BLOG

結婚式のまめ知識や、
情報がいっぱいのブログです

初めての方はこちら

結婚式の受付係 まるわかりガイド その1

カテゴリ:受付
投稿日時:

uketukemaru1

結婚式のスタッフの役割の中でも重要なのが受付係です

受付係ってどんな仕事?

受付係は新郎新婦・両家の代表=顔となる、大切な役目があります。 結婚式の受付といえば招待されたゲストが会場に到着して一番最初に立ち寄るところです。それだけに第一印象が大切です。新郎新婦に代わって、あなたが2人の為に来てくださったゲストをいちばんはじめにお迎えしなければなりません。当日はゲストに失礼のないように心がけましょう。特に結婚式、披露宴は年齢層がばらばらです。敬語の使い方や応対の仕方を厳しい目で見る年配のゲストも少なくはありません。

「笑顔」も大事です。「本日はお越しいただきましてありがとうございます」という気持ちを持って心からゲストをお迎えすればその誠意が相手に伝わります。ガチガチに緊張しすぎてへんてこな敬語を使ってしまってもNGですので、リラックスしてくださいね!

受付係が気を付けておきたいこと

新郎新婦に代わってゲストを迎えるほかに、芳名帳にご記帳いただいたり、ご祝儀や祝電の受け取りを代行したり、お客様の取次ぎや会場案内、席次表や席札をゲストに手渡すなどの沢山の役目があります。特にご祝儀では金銭授受が発生しますので責任重大です。しっかりと心得て挑みましょう。

明るくさわやかにをモットーに、ゲストには態度や言葉使いには十分に気を付けて応対するのがベターです。また、髪型や服装にも気を配りましょう。清潔さのないだらしない恰好では晴れの日の最初の顔にふさわしくありません。多くの人に好感を持ってもらえると、嬉しくなりますね。

慌てない為に当日までにしておくこと

当日は会場の雰囲気に飲まれてしまい、緊張が高まるものです。そんな時には思わぬ失敗をしがちです。できれば気持ちに余裕をもって望みたいものですね。不備がないように、あらかじめ確認作業をしておくことで、心の準備ができて、慌てるリスクを減らすことができます。ゲストをお待たせすることなく、より心くばりのできる、素敵な受付を目指したいですね。

バタバタしない為に確認しておくこと!

  • 受付の集合時間はいつ?(早め早めの集合を!)
  • 開始時間はいつ?(ゲストに誤った情報を伝えないように把握!)
  • お預かりしたご祝儀は誰に渡せばいい?(トラブルにならないように新郎新婦に直接確認を!)
  • 取り次ぐ必要のあるゲストはいないか?(名前性別そして特徴を聞いておきましょう。)
  • 遅刻者が出た場合はどうすればいい?(これらの対応についての指示は本人と会場スタッフに事前確認を!)
  • お車代を渡す必要は?(本人たちが直接渡す場合もありますので、事前確認必須です!)